2019年12月09日

自分を生きるレッスンその593 甘えるな!

 12月7日は、ピアノの発表会でした。室屋麗華先生のピアノ教室の生徒さんと麗華先生のお師匠さんの生徒さんも含め、30名ほどの発表会。

 きみこさんは、「幻想曲さくらさくら」を弾きました。もうかれこれ4年くらい弾いてはあきらめ、また弾いてみて、を繰り返し、何とか発表会にこぎつけました。結果は、大成功。ノーミスとはいきませんでしたが、暗譜して臨んだことはとても良かった。前日に遅くまで練習したので、間違うところを繰り返し練習できて、なかなか良くなりました。表情のある音が出せたかな、と自負しています。

 こんな風に集中するって大事なんだな。いつも30分そこらの練習でお茶を濁していますが、弾いては体操し、また弾いて、ということをやったら、かなり音が自分のものになった気がします。今回は、麗華先生がとても細やかに教えてくださいましたので、わたし自身も細やかに表情をつけることができました。

 また次は難曲に挑んで、麗華先生を困らせようと思います(笑)。無難な曲、とかどうでもいいなあ。弾いてて、わあ、と自分で自分に驚くような曲がいいなあ。ピアノって、弾いてる間は頭が真っ白になるけど、きちんと練習するうちに、ここはこうで、と結構頭を使いますからね。認知症予防に最適。素敵な趣味を継続できて、満足、満足。

 来年は、大人のピアノ仲間と打ち上げまで準備して挑もうね、と励ましあいました。わたしの文章教室の生徒さんだった窪田さん、月の舟のデザイナーの村山さんがピアノ仲間。あと月の舟関連では、逆瀬川さんも初出場。月の舟から大人が4人も出ました。

 発表会が終わってから、村山さんと窪田さんと誘い合って「NEJI」というBARにみんなで飲みに行きましたが、ほんとに楽しかった。あそこが残念だったなあ、あそこをはずしちゃってさ、いやいや、聴いてる方はわからないって、という会話が延々と続いて、ともあれ、来年も出て、打ち上げは先に準備しておこうね、というところは決まりました(笑)

 人生、うまくできないことがあるから、楽しい。この天才肌のきみこさんに完璧にできないことがあるなんて(笑)。そこが悔しくて続けているうちに、少しずつ上達しているようです。だんだん表現ってことがわかってきたぞ。これまではただ音を取るだけでしたけどね。

 わたしは、自分の人生にかなり満足していますが、先日、「これから先、路頭に迷ったら、どうするんだ」と心配してくださる方があって、とってもびっくりしました。米倉涼子主演のテレビドラマ「ドクターX」じゃないけど、「わたし失敗しないから」という感じで、「わたし、路頭に迷わないから」と言いたくなります。

 全く、わたしの人生に「路頭に迷う」という心配は考えたこともなかった。ありえない。わたしの最高の人生シナリオでは、これから30年、健康で、よく稼いで、よく勉強して、旅行もいっぱいして、明るくて、みんなと仲良くして、元気いっぱいに前向きに過ごすことになっていますからね。

 どうも、わたしは、周囲に心配をかけたり、迷惑をかけたり、「甘えるな」と言われたりしますが、これはもうしょうがないなあ、と思っています。わたしとしては、自立への道を厳しく歩んでいるつもりですが、わたしの人生をよくご存じでない方は「甘えん坊で、浪費家」という風にわたしをご覧になっているみたい。

 以前も書きましたけど、わたしくらいの年齢の女性たちは、もう人生に波風を立てたくない、と無難に静かに生きようとされますが、みたけきみこは、普通に生きていても波風が立ってしまう(笑)。良いことをすればするほど波風は立ちます。「嵐を呼ぶ女」ですわ。でもね、それが最高にしあわせへの道なんだけどね。謙虚に生きたって、不幸は向こうからやってきて、こちらの人生を踏みにじっていきますからね。それよりも、果敢に生きた方が楽しい。

 思うに、結婚して以来、勉強を怠ったことはない。稼ぐことをやめたことはない。フリーですけどね、それでもあるひとつのシステムは創りあげた、と思う。時間厳守、仕事を一所懸命やる。家事も子育ても、趣味もぜんぶ一所懸命やってきたので、何の問題もありません。あのときのわたしは怠け者だったなあ、というときは、一瞬たりともない(断言します)。結果として、思うとおりに行かないことはいっぱいあるけど、そのたびに工夫して路線変更したり、協力を仰いだりして、乗り切ってきました。

 「甘えてる」と言われて、かなりショックでしたけど、逆に、自分がどれだけ地道に努力してきたか、将来の計画をどれだけ緻密に考えているか、きちんと確認できてよかった。それに、たくさんの方にたくさんの愛と優しい手を差し伸べていただいていたのに、きちんと感謝してこなかったなあ、と反省。感謝しているつもりで、まだまだ甘えがあったのですね。

 ユタカ君曰く、「その批判は、おれがあなたをちゃんと守っていないってことに対するものじゃないかなあ」。なるほど。鹿児島では、男性は女性をしっかりと守らないといけないことになっているようですからね。でも、ユタカ君はいつだっってわたしを守ってくれているし、わたしは誰よりも強いし、大丈夫。むしろ、わたしの方が、ユタカ君を守りたい。何しろ、彼は「これから、俺はきみこのヒモになる」と張り切っていますからね(笑)。

 ま、最悪、わたし、路頭に迷ってもいい、と思ってる(笑)。そして、人に甘えてもいいし、迷惑をかけてもいいし、それはお互い様、と思っていればいい。もちろん、わたし、意図して人に迷惑をかけてはいませんけどね。わたしにはわたしの思うところがあるのに、ある意味で誤解をされて、「迷惑だ」となる場合もありますからね。今回は、その気づきもありました。

 この自信はどこからくるかというと、この人生でも最大の幸福は、ユタカ君と出会ったこと。これがあるから、今が最高にしあわせ。しかも、彼と向き合う仕事が同じで、いつも一緒で、子どもも3人できて、孫も4人もいて、もうそれだけで最高に満足。

 さらには、「きりしま月の舟」ができて、毎日建築現場を見ては、美しく仕上がることにうっとりとし、これからあと30年もユタカ君と一緒に仕事ができるなんて、それだけで最高!しあわせ!

 がんばるぞ、って思えますもの。そして、わたし自身の努力も素晴らしい、と思える。決して方向を間違えてはいない。努力が大好き。人間が大好き。仕事が大好き。孫が大好き。孫のためにまだまだがんばります。

 会員さんも大好き。先日のピアノ発表会にも何人も聴きに来てくださって、もちろん、わたしだけではなくて、麗華先生のピアノ独奏もあるし、又吉先生が司会もされ、歌も歌われたからですけど、本当に、月の舟の会員さんって、素敵な方ばかり。人間関係に困ることもありませんしね。感謝、感謝、大感謝です。

 若い芸術家の皆様、建築家の皆様、学生さんたちも大好き。若い人をいっぱい応援したい。

 わたし、まだまだ頑張ります。世の中が少しでも豊かになるように、頑張りますよ。いっぱい恩返ししていきますよ。

 まあ、能天気なわたしに、がつんと一発「甘えるな」という言葉は、とても良い薬となりました。もっと成長のレベルをあげろ、ということですね。浮かれるな、ということですね。まだまだ個人レベルのしあわせに過ぎないんだ、ってことです。亡くなられた中村哲さんみたいに国家レベルまではいけませんが、少なくとも、霧島という地域、鹿児島の文学シーンにもっと貢献していきます。

 たくさんの人に、良い影響を与えていきます。

 まだまだピアノに難曲があるように、人生にも難問がいっぱい。でも負けない。わたし自身に。自分が成長することをあきらめない。

 今日は一日オフ。大工さんたちにお昼ごはんとスイーツを作ることができて、良かった。いっぱいおしゃべりもできて、良かった。杉の無垢材で床が張られています。裸足で歩いてもあったかい。ありがたいですね。こんな風に素敵に創ってくださって。たくさんの優しい手の皆様、本当にありがとうございます。心から感謝します。

 明日もオフ。やることいっぱい。でも楽しい。人生が楽しくてしょうがない。ありがとう、神様。ありがとう、皆様。

 だいぶ冷え込んできましたね。温かくしてお過ごしくださいませ。
posted by kimiko at 18:48| Comment(0) | 日記

2019年12月02日

自分を生きるレッスンその592 奇跡の上棟式

 昨日12月1日は、「きりしま月の舟」の上棟式を執り行いました。一週間前の天気予報は雨、おとといは、午前は晴れで、午後は雨。それが当日、午後6時から雨の予報に変化し、結果として、上棟式の餅投げが終わった午後4時過ぎに雨が降り出す、という奇跡的な現象が起きました。

 上棟式の前日、ユタカ君とふたり買い物に出て、お菓子を買い足したり、もし雨の場合に、来てくれた子どもたちに手渡せるようにと、お菓子を袋詰めする作業をしました。それを神様が見てくださったのか、またついこの間亡くなった建築に詳しいNさんが空から応援してくださっているような気もして、あるいは亡くなった父の面影も感じて、空からいっぱい応援を貰った気がします。

 わたしは大工の味園さんのお仕事に大満足です。お弟子さんの桑原さんも素直でいいなあ。特に窓の取り方は完璧ですし、これから文庫本の本棚、ロフトにあがる階段、受付テーブルなどができあがり、すごく豪華なブルックリンスタイルの流し台が取り付けられ、月の舟@新屋敷の本棚が移動して、設置され、ピアノが置かれたら、もう素晴らしく素敵な空間になりますよ。

 味園さんの信頼する方々、基礎工事、水道屋さん、電気工事、断熱材の方も皆、プロフェッショナルで、黙々とお仕事をこなされます。資材ゴミを大型トラックで取りにおいでの方も含めて、一軒の家が建つには、本当にたくさんの優しい手が動くのだな、と感慨深いものがあります。

 感謝の気持ちでいっぱいです。上棟式には、ご近所の方から続々と焼酎が届けられ、とてもありがたかったです。小谷豆腐のおじちゃんの焼酎は3本セットで稲穂が飾ってありました。前日にお豆腐を買いに行ったときに、おじちゃんがいなかったので、どこをほっつき歩いて遊んでいるんだろ(笑)、と思っていたら、どうも焼酎を買いに行っていたんじゃないかな、とユタカ君とふたりで話しているところ。

 お餅拾いにいらした方が、「とっても楽しみにしていますよ」と言ってくださって、嬉しくて涙が出そう。ご近所の方々がいっぱい応援してくださいます。お隣りの高級旅館・竹千代の女将さんもいつも応援してくださって、美しいお着物でお餅拾いにきてくださいました。従業員の方も楽しそうにお餅拾いをされていました。

 午後2時からの儀式には、90歳の母も来てくれて、甥っ子の勘太君も参列。嬉しかったなあ。母は「もう動くのがしんどい」と言っていましたが、甥っ子が送ってくれたので、来る気になったようです。90歳がそこにいるだけで、儀式というのは、ピーンと緊張感が出て、年の功はこんなときに発揮されるのだなあ、と感動します。

 大工さんたち、ご近所の農業青年・裕太君、デザイナーの村山さん、味園さんのパートナーさんの千草さん、1歳8か月のふーちゃんも参加してくれました。裕太君が、お供え用のお野菜の準備、神主さんの送り迎えと大活躍。村山さんは写真撮影係で大活躍。すべてがありがたくて、本当に感謝だらけ。

 お餅投げのときは、総勢100人くらいはいらしたんじゃないかな。子ども用のお菓子袋を60個作って、8個しか余らなかったし、大人はそれ以上いらしたと思うし、こんなにたくさんの方がおいでくださって、嬉しかったな。

 上棟式には間に合わなかったけど、小林先生ご夫妻、基礎工事の坂口さんも駆け付けてくださり、会員の桐木平さん、梅田さんも来てくださったので、みんなで酒盛り。「まめ千」の中華弁当を皆さんに配りました。さすがの味付け。やはり「まめ千」さんのお料理はオードブルがいいな。皆さんにお配りするのは、お赤飯とお菓子にして、酒盛りはまめ千のオードブルにするべきだった、と自分の戦略をちと反省。ま、次回にこの反省は活かされるでしょう。

 わたしは、上棟式で屋根に登って、お餅投げをするのは、人生で3回目。最初は、伊集院の妙円寺に作った「木家(もっか)」の新築のとき。2回目は、霧島の自宅のとき。3回目がこのきりしま月の舟の新築。次があるとしたら、隣りにアートレジデンスを建てたいな。芸術家の方が長期間寝泊りできる家を作りたい。

 若者が心置きなく、自分の作品を発表できるように応援していきたい。やりたいことをいっぱいやる、それが人生の醍醐味だから。きりしま月の舟は、第4週を若者ウイークにして、わたしたち夫婦より年下の方々の活動を応援する週にしようと計画しています。若い芸術家の皆様、こんなことをしたい、という提案がありましたら、ぜひ気軽に発信してくださいね。

 昨夜の飲み会に、ご近所のMさんも参加してくださいました。元ホテルマンとのことで、いろんな知識がおありで、これからの「きりしま月の舟」の運営にとっても参考になりました。先日も、紅茶のK先生にいろんなアドバイスをいただいて、目からうろこ、ああ、ここはこうしたらいいんだな、というヒントがてんこ盛り。本当に専門家の皆様の知識やアイデアに脱帽。餅は餅屋。専門家はすごいな。ありがたい限りです。

 今日は、ユタカ君とふたり、ゆっくり起きて、また寝て(笑)、リラックスして過ごしました。ここのところ、国分山形屋が気に入って、上棟式のお礼の品が足りなかったから、その品物を買いに行ったついでに、ポイントを商品券に交換。うふふ、いっぱい貯まっておりますわ。それから、7日のピアノ発表会で着る服と靴をゲット。なかなかいいなあ。自分へのご褒美!

 これからも、たくさんの方に豊かなサービスを提供していきます。ご近所の方々がこんなに楽しみにしてくださって、本当に嬉しい。月の舟の会員さんたち、先生方との間に愛と笑いと癒しのエネルギー交換をして、お金もじゃんじゃん廻して、天国のような場にしていきます。観光客の方もいっぱい来てくださるでしょう。

 皆様、来年3月20日オープンですよ。いろんな企画を考えています。月の舟ネットワークを駆使して、にぎやかにやっていきますよ。楽しみにしてくださいね。詳しいことは随時ホームページ、月の舟通信、SNSで発信していきます。

 さあ、痩せなきゃ(笑)。何しろ、美麗元年ですからね。毎日の生活をもっと細やかにして、ストレッチ、食事にも気を付けて、食べすぎないようにして(笑)、ますます豊かな生活をしていきます。

 明日は、宇宙的に凄い日のようですよ。この変化の多い時代の人生を楽しみましょう。
posted by kimiko at 22:18| Comment(0) | 日記

2019年11月30日

自分を生きるレッスンその591 美麗元年

 小中学生のころ、自宅のすぐ近くに小さな書店があって、結構、そこに入り浸っていました。何も買わなくても、本の背表紙を観ていることが好きだった。はじめて小学生で図書館に入ったとき、たくさんの本にわくわくして、「全部、読み切ろう」とすぐに決心したのは、小学一年生だったような。

 次女一家が住む京都に連続して泊まるときは、マンションのすぐ近くにあるスーパーによく出かけて、二階の本屋さんを覗くことが多い。その本屋さん、雑誌が中心で、品数も少ないし、立ち読みしているお客さんすらいない、くらいの時代の流れから取り残されたような本屋さんなのですが、わたしはここの本棚を眺めるのが好きで、わたし的には結構掘り出し物があるのです。

 読者の意向を忖度しない、B級グルメ的な本の品揃えがいい。こういうところで、自分に合った本を探す快感。わたしって、天才じゃないか、と思う瞬間です。本が大好きで、一日一冊読書をノルマにしているし、つねに3冊は携帯して、ジャグリングしながら読むわたしですが、最近はまっているのがスピリチュアル本。

 このスーパー2階の本屋さんは、スピリチュアル本と雑誌がやたら多いので、わたし好みなのでしょうか。以前は、魔法のクロスが付録についている掃除の本を買って、大変お買い得でした。というのも、1,200円もしたけど、とても性能の良いクロスに出会って、お掃除が楽になったからです。でも、このクロス、いろんなところで売っていることがわかって、少し飽きてきました。先日行った時には、この本が平積みしてあって、わたしの感動がどこから伝わったのだろうか、とびっくりしました。なぜか、今度は1200円が高く感じて、また買う気がしませんでしたけど。

 で、今回の収穫は、PHP特集「運を強くする!」というやつ。そのなかで、Drコパさんの「自分の元号を決めて、そのテーマに沿った暮らしをする」という記事に惹かれました。たとえば、楽しいことだけをして暮らすというテーマで「楽楽元年」とつけるとか。

 そうか、いいなあ、と思った瞬間、「美麗元年」という言葉を思いつきました。美しく麗しい年にしたい。痩せてスリムになって、本当に素敵な女性になりたいな。心も美しく、麗しく、リッチで、豊かな人生。

 そして同時に、いま、デブでチビでブスな自分が愛おしくて、背が低くてもいいじゃないか、デブでもいいじゃないか、ブスでもいいじゃないか、と自分をすべて許してあげたくなるような気持ちが湧いてきたのです。

 デブな自分にダメ出しをしていては、いつまでたってもダイエットは成功しないと思う。逆にどこをどう引き締めればいいか、食事はどうか、などと考えていく方が楽しいですしね。

 自分の制限を外す。女性だから、お金がないから、忙しいから、旦那が許さないから、親が毒親だったから、などと言い訳はいくらでも出てきますけれど、そんなの関係ねえ、と開き直ってしまえば、すべてが愛おしくなります。

 お金が有り余るほどある。時間もたっぷりある。愛もたっぷりもらっている。何ひとつ不足することがない。わたしって、パーフェクト。そんな風に生きていれば、何のことはない。悩みなんて、何にもなくなります。

 今日は、午前中にいっぱい掃除をして、午後から買い物に出かけました。明日の上棟式のための鯛を注文してあって、それを取りに行くついでに国分山形屋で買い物をしていこう、とユタカ君とふたりでいろいろと買い物をしていたら(特に牛スジを買いたかった。昨日寄ったお肉屋さんでは売り切れていました)、国分山形屋ではただいま北海道展。鹿児島市内の山形屋での北海道展はすでに終わって、12月9日まで国分山形屋であるそうです。ちらっとチラシを見た記憶がよみがえりますが、行く暇はないだろうな、と特に記憶にとどめることもなかったのに、たまたま北海道展に行ってみたら、それはそれはにぎわっておりました。

 ここでもいくつか掘り出し物があって、ほくほくしながら帰りました。こうして買い物を楽しめるって、なんてしあわせなのかしら。ありがたいなあ。自分のものというよりは、明日の餅まきに来てくれる子どもたちのために、お菓子やら、それを包む袋やらを買うときの楽しみ。ユタカ君がかわいく包装してくれましたよ。

 わたしは、牛スジ肉と大根を煮ます。何しろ、大根が6本届きましたからね。しかも葉っぱ付き。農業青年・裕太君に頼んでいたら、どーんと大箱で届きました。そのうちの2本を大鍋で煮ます。ごぼう、にんじん、こんにゃく、ゆでたまごも足して。美味しいのができました。明日はお弁当を特注してありますが、それで足りないときのためのおかず。焼酎にも合いそう。

 お隣りのDさん、小谷豆腐のおじちゃんから焼酎をお祝いにいただき、会員さんからもいっぱいお祝いが届きました。ありがたいことです。本当に、嬉しい。

 「きりしま月の舟」も大工の味園さんとお弟子さんの桑原さんのおかげで、とても美しい空間に仕上がりつつあります。窓のかたちがとっても美しい。四方から陽がさんさんと降り注ぎ、かつ室内から庭の木々や山の稜線がしっかりと見えて、まるで絵のよう。広すぎず、狭すぎず、ちょうどよい大きさで、大満足です。

 さ、これからのわたしの課題は、ここでしっかりと稼いでいくこと。そのためには、これまで以上に楽しいことをいっぱいやって、楽しさの枠をはずして、もう天の領域まで行くこと。これまでの倍のエネルギーを発信して、たくさんの方に心の豊かさを提供していきます。

 自分に課している制限をはずす。鹿児島の女性は、人に後ろ指をさされないように、小さな枠で生きようとされますが、ほんとにもったいない。他人になんと言われようと、いいじゃないですか。自分の人生ですもの。自分のやりたいことをやって、着たいものを着て、食べたいものを食べましょうよ。

 いまテレビドラマの「ドクターX」が大好きで、米倉涼子さんが「わたし、失敗しないから」とおっしゃると、ぞくっとして、いいなあ、と思います。それに倣って言えば、どんなことをしたって「わたし、世界一のしあわせものだから」くらいは言えるかな。

 18坪の小さな空間ですが、わたしとユタカ君のお城がもうすぐ完成します。自宅と仕事場をこうして持てて、本当にしあわせです。これも親兄弟、家族、会員さん、友人たち、ご近所の皆様、本当にたくさんの方々のお力添えでできることです。心から感謝いたします。

 ユタカ君は、明日の餅投げのときの小銭を包んでいます。わたしはその横で、ピアノの練習。だいぶよくなってきましたが、まだノーミスとはいかない。12月7日(土)が本番。鹿児島市よかセンター8階の大ホールで午後6時から。あと一週間、がんばります。こちらも入場無料ですので、よろしかったら、麗華ピアノ教室の発表会にいらしてくださいね。今回は、月の舟関係の大人の方々が張り切って出場です。

 60歳を過ぎてのピアノって、本当に牛歩の進み具合。割合になんでも器用にこなすわたしですが、ピアノだけは、なかなかうまくなりません。天才肌のみたけきみこにできないことがある、っていうのがまた、いいなあ、と思いつつ、一所懸命練習しています。麗華先生はいつも上手に褒めてくださいます。「幻想曲さくらさくら」を弾けるなんて、すごいですよ。きみこ先生ならできますよ。といつも優しく励ましてくださるので、わたしも「そうっすか?」みたいなノリで、さらに続けていくわけです。

 先日も、山崎文乃さんのピアノリサイタルを聴きましたが、素晴らしかったなあ。感動しました。鹿児島にもこんなに素晴らしいピアニストがいっぱいおいでですよね。わたしの30代に比べて、いまどきの若者たちの天才ぶりって、凄いです。わがチームきよらのメンバーもそうだし、本当に才能の塊みたいな方たちが、そこらへんにざっくざっくいるって感じ。

 そんななかで、個性というもの、あるいは安定したプロであるためには、「制限を外す」ことが大事なんじゃないかなあ。自分を突き抜ける。他人の思惑に足をとどめたりしないで、人がなんと言おうと、自分を生きる、と心に決めて、前進あるのみ。

 そこでのみ、不可能が可能になるはず。特に父親に愛された娘は、父親の価値観に束縛されたり、自分は無条件に世間で許される、と勘違いしたりして、世間の荒波をくぐっていけない。わたしがそうでしたからね。

 62歳からが人生の本番。楽しみです。ようやく生きる力がついてきましたからね。人生100年時代の良きモデルでありますように、健康で明るく個性的なみたけきみこをこれからも生きていきます。

 明日12月1日が、わたしにとっての美麗元年。美しく、麗しく、生きていきます。そのうちにまた気が変わったら、元号を改元しますね(笑)。

 明日は、午後3時から餅まきですよ。紅葉もラストの美しさ。紅葉狩りのついでに、どうぞ霧島みたけ邸までおいでくださいませ。

 さ、明日も張り切っていきましょう。皆さまも素敵な一日をお過ごしください。
posted by kimiko at 22:38| Comment(0) | 日記