2019年11月01日

自分を生きるレッスンその584 自由になる

 昨日で10月が終わり、今日から11月。ハロウインだと騒いでいる最中に、首里城が燃え、本当にびっくり。ユタカ君のお友達(中小企業大学校で学んだ仲間たち)が沖縄に家族で集まる機会があり、娘3人とわたしもついていき、家族全員で沖縄旅行をしました。そのとき、首里城も訪れました。美しく、不思議な空間であったことを今でも思い出します。

 チームきよらの又吉秀和先生と又吉のぞみ先生兄妹が沖縄出身ということもあり、沖縄には愛着があります。敬愛する精神科医の越智啓子先生も沖縄在住ですし。知り合いの新聞記者の方もあり、小説「ひめゆりの塔」の取材にも訪れました。

 わたしはいま京都におりますが、鹿児島では桜島が大噴火した模様。まるで天の警鐘のような桜島の爆発と首里城の炎上。

 もしかしたら、わたしたち人間を励ますための爆発と炎上であるかもしれません。この大変なときをしっかりと乗り越えなさい、という天からのメッセージ。

 わたしたちは、学び続けなければなりません。工夫しなければなりません。どんなことも、どんなときも。商品がひとつヒットしたからと言って、次を開発しなければ、売り上げが落ちるでしょう。自分は頑張っている、と思っても、周囲はそれでは足りなくて、困ってしまう、という場合もあるでしょう。

 どんなときも、自分の内面に向き合い、魂の声を聴き、周囲にアンテナを張り巡らして、学び続ける。真理を発見し続ける。

 密度の高い人生を送りたい、と思っています。だから、緻密で濃厚な時間を過ごすことを心掛けています。京都でも、午後4時にるい君が学校から帰ってくるまでに、できることを済ませる。勉強、買い物、掃除、洗濯、夕食の準備。朝、何時に起きたら、朝食、お弁当、準備ができるか。瞬時に計算して、動く。

 こまやかに人と接する。孫たちとも、こまやかに接する。家族の健康状態、世の中の動き、自分の感情、一日の生活の段取り、仕事の進捗、少なくとも来年度までの仕事の予定。どこで踏ん張って、どこで力を入れて、どんなふうに休んで、などなど。

 離れていても、ユタカ君の行動もチェック(笑)。まったくもって、電話もしてこない夫。こちらから電話すると、まるで秘密の行動をとっているかのような謎の動き(笑)。なんで、そこにいるの?わたしの母がつねにわたしを見張っているかのような監視ぶりでしたが、ユタカ君もきっと嫌だろうな。せっかく妻のいない時間をひとり満喫しているのに、その妻からの電話はうざいだろうな。でも、気になる(笑)。

 「きりしま月の舟」の基礎工事も素晴らしく順調に進んでいます。SNSで送られた写真を見ると、とても美しい鉄骨の仕上がりで、感動します。ありがとうございます。坂口さん、味園さん。3月20日オープン以降の段取りも順調です。

 わたしは直感的な人間で、やると決めたら、ほとんど秒速で実行に移しますが、じつは結構細かい。たくさんの講座を持っているし、趣味も多彩(ピアノ、バレエ、着付け)なので、一日の時間管理は徹底しています。まるでアイドル並みのスケジュール、トライアスロン的な活動量。だから、午後10時になると、ほとんど寝落ちですけど(笑)。

 そういう毎日って、いいなあ。大好きです、わたしの生活、人生。あとふたつ、やりたい仕事があります。あれとあれです(中身は言えません、笑)。今度、提案してみます。

 思うに、小さいころから、不快な感情のなかに自分を置かないように配慮していたような。退屈、ということも一切なかったし、ブラック企業に勤める、というのもなかったし、理不尽な夫婦関係に身を置くこともなかったし、気の合わない仕事仲間とはさっさと静かに離れたし、つねに上機嫌なところに自分を連れていった感がありますね。

 昨日、大好きになったBAL京都で、お茶をしたり、丸井で娘に頼まれた買い物をしたり、ついでに自分のバッグを買ったり、夕食のための食材をしこたま買い込んでいたら、休日中のお婿さんから電話で、「お母さん、いま、どこですか?迎えに行きますよ」と言ってくださって、大きく甘えることに。

 重たい荷物でいっぱいだったので、とっても助かりました。そのままれなたんの保育園のお迎え、るい君はお友達が遊びに来て、楽しそう。そうそう、買い忘れた麦茶パックとか、お婿さんに買いに出かけてもらったり、今朝も、ゴミ出し、お願いします、と、立っているものは婿でも使え、という感じで、すっかりお世話になっておりますわ(笑)。あ、他人の家でやりたい放題やっているのは、わたしでしたわ、オホホ。

 自分を上機嫌にするためには、いっぱい人に甘えることでもありますね。「ありがとう」をたくさん言う。あと、暇にしていると、ついつい悲しい感情、怒りの感情が湧きがちなのが人間。その悲しみや怒りに丁寧に向き合う必要がありますし、また暇だとついつい気持ちがブラックになります。

 いま、さらに自由になることを心掛けています。まずは、お金から自由になる。値段を見ないでものを買う、というのはしょっちゅうやっていますけど、遣いすぎても反省しない。「お金さん、ありがとうございます。おかげさまで、素敵な〇〇が買えました。とってもハッピーな気分です。感謝します。」と言う。贅沢しちゃったなあ、という分は、仕事で取り返す、ということで、仕事の原動力にもなりますし。このあたりは、セレブな作家、林真理子さんに影響されています。

 「お金がないから〇〇ができない」とは言わない。いつも500円30袋のティーパックですませていた紅茶を、100g3000円の有名ブランドの紅茶にしてみたところで、舌がしびれるわけでもないし、高級なものほど、少しで満足するので、かえってお得だったりもします。

 あと、人に認められることからも自由になろう、と思っています。これをしたら、世間が評価するかな、と思っていると、その理想の状態まで達成できなかった自分を必ずこき下ろしてしまうので、その仕事に対して、全力で取り組むことはしても、評価を期待しない。(わたしなんて、凄いですよ。自分の仕事に対してはとても厳しいので、めちゃくちゃ自分を鞭打ちます。だめじゃないのさ、きみこ、いい加減にしてよね、あれもこれも完成度は低い!という感じで叱りまくります。ああ、恐ろしい。)

 むしろ、どれだけ自分が相手を歓ばせたかに重点を置くと、仕事の満足感もアップするというもの。

 本田健さんの「ありえないような理想の未来から時間を逆算して成功しよう」という考えが好きで、いま、「ありえないような理想の未来」を思い描いているところです。やはり、お金から自由になって、世界中を旅する、生涯現役で仕事を続ける、最高の仕事を30年続ける、毎年、本を出す、毎年、海外旅行をする、90歳でも健康でおしゃれ、本物に出会う、素敵な方々と気持ちよくお付き合いをする、みんな仲良く、家族を大切に、という風に、いまの生活のバージョンアップを図る感じですが、そこでもやはり学び続け、工夫し続ける、というのはとても大事だと思います。

 あと30年を自分の人生の確実なスパンと考えて、65歳、70歳、と5年ごとに、いえ毎年バージョンアップしていきたいと思います。それは、限りなく自由なわたしになっていく、ということでもありますね。

 さあ、今日は古典の日。京都で何かしらイベントがあるかと思いきや、京都コンサートホールで式典があるようですが、どうも事前申し込み制のようで、うっかりとは入れないみたいですね。思いつくところ、わたしの好きな平安文学の京都を訪ねてみます。

 皆様も素敵な一日をお過ごしください。
posted by kimiko at 11:05| Comment(0) | 日記